全身モンベルおにいさん曰く・・・

Climb

「全身モンベルおじさん」という言葉があるそうです。SNSでも一時期話題になったそうな。

そこでのやり取りを見て思ったこと、声を大にして言いたいこと。それは・・・

「あまりmont-bell(モンベル)を有名にしないで!!」

ということです。

僕がmont-bellを愛してやまない理由の一つに、「知る人ぞ知る」という特別感が挙げられます。ユニクロとかしまむらへ行くことが煩わしく、寧ろ苦痛に思ってしまう僕でも、mont-bellで服を揃えるのが楽しくて仕方ないのです。冗談抜きで、至福の時間に感じます。

一番下にはこれを着て、その上には・・・、一番上には・・・、と考えながら、あの山に登ってみたいなぁ、と想像するだけで、ストレスが吹っ飛びます。

あと、地味目のデザインもGOODです。僕はグレーとか、オリーブとか、くすんだ感じのカラーが大好きなので、選択肢に困りません。

言い出せばきりがないですが、機能性についても触れないわけにはいきません。保温性、防風性、透湿性、速乾性、伸縮性などなど。商品ごとに強みもあれば、当然弱みもあります。

でも、しっかり比べてみて、納得した上で購入に至ったものであれば、多少の欠点・デメリットは全然我慢できます。むしろ、魅力がありすぎて、悪いところが霞んでしまうくらいです。もっと言えば、そもそも不満に感じるところがない、という商品もあります。

これだけ魅力に溢れているmont-bell商品ですが、ユニクロやしまむらと同じような、他の人と被ってしまう確率が高いブランドに肩を並べてしまうようなことになれば・・・

そんなことは考えたくもありません。どうか、mont-bellだけはマイナー層(少数精鋭の消費者層)にとっての救世主であり続けて欲しい!

とは言いながら、上記のようにSNSで盛り上がっているのを目にすると、「自分も全部モンベルで揃えてるぞ!」と恍惚感が湧き上がってきて、図らずもmont-bellへの愛が余計に深くなる「全身モンベルおにいさん」でした。

コメント